TEL Line

膝の痛み | 身体にやさしい自然な整体 ひまわり自然形体院

膝の痛み

こんなお悩みはありませんか?

炎症や外傷で膝関節に痛みが出るのが一般的に言われる膝痛です。また、過度の運動による膝関節の障害、加齢や運動不足による膝関節の変形、肥満による膝関節への負担などで膝に痛みがあらわれます。

膝痛の原因として考えられること

運動による関節への障害

走る、跳ぶなどの動きを繰り返すことで膝を酷使し、それが原因で膝関節の間にある半月板損傷を引き起こします。

加齢・過度の肥満による関節の変形

関節と関節のあいだの、クッションの役割を果たす膝関節軟骨が加齢や運動不足、肥満などにより負担がかかり変形していきます。

膝を捻る

膝は真っ直ぐ曲げる、真っ直ぐ伸ばすだけの機能しかないのに、捻ってしまうと周囲の筋肉や靭帯が無理に伸ばされ関節がずれて痛みが出ます。

膝の痛みの症状として

オスグッド病

スポーツ障害で詳しく説明します。

変形性膝関節症

膝を酷使することで筋肉が疲労して動かす時に関節にわずかにずれて、筋肉や靭帯、腱が傷ついて痛みが起こります。

膝の水がたまる

膝の潤滑油でもある関節液が、軟骨が傷ついたり、関節が炎症を起こしたりすることで膝に水がたまります。

半月板損傷

膝への負担で筋肉が疲労し、膝関節が正常に噛み合わなくなることで、半月板に圧がかかり損傷するためです。

では何故当院の施術で膝の痛みが改善するのか?

  1. とにかく優しい施術(触れる、揺らす、撫でる)で身体の緊張を開放します。
    (筋肉にやさしく触り、脳に「身体の力を抜いてもいいよ~」と信号を送ります。)
  2. すると筋肉の余計な力が抜け、血流が良くなります。
  3. 血流と一緒に栄養や酸素が身体の隅々までいきわたるようになります。
  4. 自分で治そうとする回復力が戻り、痛みが和らいでいきます。

膝まわりの筋肉、腱、靭帯の疲労を和らげ、筋肉の癒着を取り除きます。そうすることで曲げ伸ばしも正座もできるようになります。
やさしく触れることで身体に安心感を与え筋肉の緊張を解き、血流が良くなり身体が軽くなります。

膝の痛みでも痛みの元は他の場所(例えば腰など)にあることも考えられますので、当院では全身を整えることで身体を早く回復させることを心がけています。
(疲れがひどい方や他の場所の歪みや痛みがある場合は回数や時間がかかることもあります)
また、痛みは「休みたい!」という身体からのメッセージです。無理をせず休息をとることも大事です。
日常生活の注意点や自分でできるストレッチなどもお教えしますので、心地よい施術+日常生活の予防で身体の不調とさよならをして元気な毎日を過ごしましょう!

 

 

施術後の感想

※これはあくまでも個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

🍀施術の感想🍀

80代 男性
腰痛と膝痛で来院。
両方の膝に水が溜まり正座できない。歩くのにも足が重くて上げにくい。
最初は右だけだった。腰痛も立ったり歩くのが苦しい。座っていると腰は楽。

施術
伏臥位で腰まわりと膝周辺の癒着を柔らかくして基幹の型。
仰臥位で足全体をMCCを使い緊張を取ってから膝の前側をMCを使って施術。
膝猫を使い腰を伸ばしたり、膝の動作法をやった。時間の関係で右膝だけ施術。

施術後
腰は軽くなった。身体を動かしやすい。右膝がとても軽く上げやすい。左膝は次回施術することにした。

長年の腰痛でしたが、終わった後は動きがスムーズで楽になったと喜んでいました。
また、膝も左右の違いに驚いていていました。

身体の手入れ(施術)をしてあげると楽になりますのでちょっとでも気になる時はお早めにお越しください。

※効果には個人差があります